共同担保(共担)

共同担保(共担)とは、同一の債権の担保として複数の不動産に抵当権を設定することをいう。

任意売却の実務では、債務者の実家と自宅の両方の土地建物に共同担保が設定されているといった場合、債権の担保不動産が一つでは担保不足が故に共同担保となっている為、任意売却を行う場合、抹消交渉は通常の任意売却と比して時間を要するケースが多い。従って、前段のように共同担保となっている不動産の任意売却を行う場合、通常の任意売却よりも時間的な余裕が必要である。住宅ローンを滞納し始めた段階で任意売却の会社に相談されることをお勧めします。最悪のケースとして考えられるのは、実家と自宅に共同担保が設定されている場合、一括競売に出されてしまいます。一度の競売で二つの不動産を失うことになります。