住宅ローン滞納直後から取組む任意売却

40代のご夫婦から相談を受けました。自宅を大手の仲介会社に依頼して売却に出しているものの、売れずに困っているとのこと。ただ、内見は月に4~5組は来られるとのこと。立地は、住宅としては人気の立地で建物自体も築10年で決して悪くはない物件でした。売れない理由は、室内にあるたくさんの衣類、お酒、趣味の置物などで一杯になっており、このような状況で内見に来たお客さんは自分達が住むイメージが出来ず、買い意欲を失ってしまう為でした。結果的に1年以上売れず、その間にご主人のお仕事の状況が変わり、収入が激減し、住宅ローンの滞納をしているとのことでした。相場価格で売れれば何とか住宅ローンを完済できるという状況でしたが、ご夫婦の状況と室内の状況から、相場価格で売るのは難しいと判断し、任意売却をすることに。しかし、住宅ローンを滞納し始めてから2ヶ月程しか経過していなかった為、銀行の担当者と話をしたものの「一括弁済してもらわないと困る」の一点張り。そこで銀行の出方を待つことにしました。それから、しばらく経ったある日、保証会社の方より弊社へ連絡が入り、競売の準備は進めているが、時間と費用が掛かるので、競売になる前に出来るだけ早く任意売却を成立させてほしいとのこと。住宅ローンの滞納を始めてから、6ヶ月が経過しておりました。販売活動を開始し、約2週間後、買主の不動産業者が見つかり、同時に売主のご夫婦には、新たな住まいを弊社が斡旋しました。保証会社との交渉を行い、残置物撤去費用と引っ越し代を含め30万円を捻出致しました。しかし、行政機関との滞納税金の差押え解除交渉が難航いたしました。任意売却を開始して約2ヶ月後、買主との契約決済を無事完了させました。

本件のように時間的猶予があると余裕をもった任意売却が可能です。住宅ローンの滞納を始めたばかりの方もまずは、一度、敬翔地所までご相談ください。

開札期日直前の任意売却

50代のご夫婦より任意売却の相談を受けました。弊社がご夫婦から相談を受けたご自宅は、住宅ローンの滞納により競売に出され既に入札期間に入っておりました。入札期間終了は、この相談を受けた当日。しかも金曜日の夕方でした。ご夫婦の主人は入札開始になる前から、ある不動産会社に売却の相談はされていたものの、任意売却に向けた具体的な行動が起こされぬまま時間だけがいたずらに過ぎていました。売主様に意志を確認したところ、任意売却をお願いしたいとのこと。我々に残された時間は、任意売却成立の期限である開札期日の前日迄、あと7日しかありません。しかし、土日を挟んでいた為、実質5日間で買主探索、買付申込み、抵当権抹消交渉、差押え解除交渉、契約、決済を行わなければなりません。本件は不幸中の幸いにも住宅ローンの残債が売価より少なかった為、段取り良く進めれば任意売却を成立できる可能性があると考えました。とはいえ、時間がないことに変わりはないので、現金購入の買主を探すほかありません。まずは、買取業者に相談しましたが、余りにも時間的猶予がなく、全く相手にされませんでした。しかし、当社は諦めませんでした。日曜日には、現金購入のエンドユーザーの買主を直接見付け、何とかこの当日に内覧をしてもらい、購入に前向きな回答をいただきました。月曜日、火曜日の2日間で金融機関との抵当権の抹消交渉と行政と滞納税金に対する差押え解除交渉を行い、合意を執りつけました。金融機関との抵当権抹消交渉は、特別な手段を使い合意を何とか執りつけました。水曜日に買付申込書を入れ、木曜日に無事、契約を成立させました…。
このような事例は稀ですが、任意売却を確実に成立させるには、開札期日前日までの期間として最低3週間は必要です。
住宅ローンの滞納をせざるを得なくなったら、お早めに敬翔地所へご相談ください。ご連絡をお待ちしております。メリットのある任意売却を。